« GoogleChrome のソース表示とブックマークマネージャの表示を調整してみる | トップページ | PX-256M5P ファーム1.02へ »

2012年11月30日 (金)

GoogleChrome インストーラの直リン (2012/11, 2013/07頃)

キーワードが悪いのかググって1ページ目に目的の情報、『GoogleChrome 単体インストーラの直リンを知る方法』、が見あたらなかったのでメモ。

ほぼ固定であった GoogleChrome 単体インストーラの直リンが、一ヶ月ちょい前からその都度変化する文字列を含むようになってその時調べたもの、2012/10 下旬の話。

Windows向け GoogleChrome の安定版(stable)、アップデート(差分ではないフル版)、ベータ版(beta)、開発版(dev)、canaryのインストーラの直リンを知るためのバッチファイル。

GoogleChrome_DirectLinks.cmd

参考
Omaha Client-Server Protocol V3
https://code.google.com/p/omaha/wiki/ServerProtocol

任意のバージョンの直リンも得られそうな感じはするものの、試したかぎりうまく行かず
『その時点でダウンロード可能なもの』
しか直リンが分からないのが難。
また、暫くすると(バージョンが幾つか上がると?) 落とせなくなるのか beta,23.0.1271.40 や dev,24.0.1297.0 では今はもう単体インストーラが落とせない。
GoogleChrome 更新用バッチファイルでアップデート時に過去バージョンをアーカイブさせるべきか悩ましいところ。

任意のバージョンで自在に試す、のは canary や chromium の役目って分業になったのかな?

【2014/06/28 補足】
64bit版の直リンも拾えるものを『GoogleChrome インストーラの直リン (2014/06頃)』に
【2013/07/15 変更・追記】
通常は差分アップデートとして提供される場合に対応
例) Webのインストールでは 28.0.1500.71 がまずインストールされ、アップデートで 28.0.1500.72 になるなど直接最新版が入らない場合
エントリのタイトル変更、他
【2013/06/15 変更・追記】
サーバーのメンテ?で通常とは異なる時に何が起きたか判断しにくかったので、多少分かりやすくなるように変更
他、ココログの有難迷惑仕様にほんのりと対策
【2013/04/13 変更・追記】
canary も対象に含めたバッチファイルに差し替え & それに伴う変更

|

« GoogleChrome のソース表示とブックマークマネージャの表示を調整してみる | トップページ | PX-256M5P ファーム1.02へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/56197492

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleChrome インストーラの直リン (2012/11, 2013/07頃):

« GoogleChrome のソース表示とブックマークマネージャの表示を調整してみる | トップページ | PX-256M5P ファーム1.02へ »