« PSNのお詫びメール | トップページ | 桃栗三年柿八年... »

2011年5月 1日 (日)

2011年1月期最も話題になったアレ

予備知識は

  • 偶々本放送時に見た「うっかり友達を投げ捨ててしまった」前後10分間ほど
  • 黄色が酷い事になるらしい
  • 黄色と黒が人気らしい

溜まっていたというか貯めていた2011年1月期最も話題になったアレを見てみる。
11話と12話がタダのコメ付きで見られるうちに全12回を3回に分けて、1話コメ無し、2~10話当時のコメで、11,12話は進行形のコメ付きで、という計画。
実際には、まず1,2,3,4話、次に5,6,7,8話、そして9,10,11,12話のラストまで見て予定外にそのまま1,10話をもう一度見直すという3回に分けて。

嘘をつかない白の名言は多すぎる、それでも一つなら9話の『まさかぁ』、1ミクロンのブレもなく期待を裏切らない。

3話、これか、黄色退場場面……、BD/DVDでの補強はさすがにやらないよね?
とは別に爆発ってのは珍しい魔法だな、とか思ってたら”ネット”から独力で身につけた”魔法”の派生?だった。
10話にあった極めて合理的な戦闘力アップがもの悲しい。
ドライバー⇒”ネットの魔法”⇒事務所のロッカー(初回)
までは笑えるけれど、11話レベルの戦闘力、戦力を備えるにはどれだけのループと覚悟とを重ねたのか、黒の初期レベルの低さが強調されていただけにギャップが。

コメ付きで見ていたのをさっ引いて考えても10話でのEDというかOPへの入りは色々氷解させられるものがある。

ラストは良かったのか悪かったのかで言えば、ループを抜け出せるに十分な納得ができたのだからグッドエンドに違いない。

|

« PSNのお詫びメール | トップページ | 桃栗三年柿八年... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/51539201

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年1月期最も話題になったアレ:

« PSNのお詫びメール | トップページ | 桃栗三年柿八年... »