« 武蔵野市長選 平成21年10月4日 | トップページ | ガス漏れ? »

2009年10月11日 (日)

USBメモリ を発掘

今となっては小さくて使いにくい 128MB の USBメモリを発掘。
何が入っているのかと中を見てみたら、実験の名残くさいものが。
MS-DOS(Win98SEベースの)、PC-DOS2000、Memtest86、GAG、MBM、が起動できるようになっていた。
DOSからは、今はもう使っていない、DVDドライブのファーム、マザーボードのBIOS、日立になる前のIBMのHDDツール類なんかも転がっていたり、Webboy が起動できてみたり。
その辺にあったブータブルCDを適当に詰め合わせてみました、という感じ。

中身を更新という気にはなれなかったけれど、消すには忍びないもの。
MBM は久しぶりに見た、完成されている印象が強かったので2008年中に更新されていた事に驚いた、調べたついでに PXEブートサーバーに MBM を加えてみた。ブートマネージャには基本的に GAG を使うので今後実用にすることは無いであろうと分かっていても何となく追加。
Webboy は何か小技が有ったような、今はもう思い出せない。

いくつか買ったUSBメモリは容量や速さよりも、ケツの所に大きめのアクセスランプが付いたものが一番使いやすくてよく使っている。
このUSBメモリも胴体にアクセスランプじゃなくてケツにアクセスランプが付いていれば、もう少し長く使い続けていたかもしれない。

|

« 武蔵野市長選 平成21年10月4日 | トップページ | ガス漏れ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/46459934

この記事へのトラックバック一覧です: USBメモリ を発掘:

« 武蔵野市長選 平成21年10月4日 | トップページ | ガス漏れ? »