« どちらか死ぬまで続くんでしょうな | トップページ | カラスアゲハ :二匹目がいた »

2008年9月 7日 (日)

カラスアゲハ :終齢幼虫

二つあった卵のうち、終齢幼虫まで成長したのは一匹。
これまでのアゲハと違うのは、今までは全て黄色系なアゲハの幼虫、ナミアゲハの幼虫だったのが、今回のは黒いアゲハ、カラスアゲハの幼虫だった事。

カラスアゲハの幼虫の実物を見るのは初めて。
いつもと違う幼虫だったので調べてみたら、カラスアゲハの幼虫だった次第。
成虫も間近で見る事が少なかった蝶なので、山椒の鉢に囲いを作って蛹⇒羽化の過程を見てみたい気もする。
この時期なら夏型の成虫だから羽が綺麗に輝きそう。

数日中には蛹になるため山椒の鉢を離れてどこかで蛹になるはず。

|

« どちらか死ぬまで続くんでしょうな | トップページ | カラスアゲハ :二匹目がいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/42406276

この記事へのトラックバック一覧です: カラスアゲハ :終齢幼虫:

« どちらか死ぬまで続くんでしょうな | トップページ | カラスアゲハ :二匹目がいた »