« 薄暗い山あいなら一日中 | トップページ | どちらか死ぬまで続くんでしょうな »

2008年8月24日 (日)

北京オリンピック

北京オリンピックもそろそろ終幕。

時差があまりなかったにもかかわらず、ほとんどリアルタイムな中継を見ることなく終わる。
端から見ていて悲喜こもごもなオリンピック。

数ある種目で、なんでこんな競技がオリンピックに入っているのが個人的に不思議、というものも毎回のこと。
柔道あたりも、なんでオリンピックに、と考えてしまうけれど、日本による金メダルの寡占が崩れている限りは逆に国際的なスポーツとして成り立っているという逆説的な結果でもあるのである意味健全。
素人目には、組み手の取り合いに終始した試合は、ああスポーツなんだ、と思ったし、オール一本で勝ち上がったのには、ああ柔道だ、とも思った。

いろいろ物議を醸した気配の野球、今五輪でとりあえず打ち止め。
メンバーを見た瞬間に結果はどうでもよくなっていたので日本の結果が良かったとしても、いまいち。予選リーグがまず茶番色が濃い。他競技に比べて底辺が狭すぎる。セット率のような結果が出るわけでもない競技だけに尚更予選から決勝までの流れが茶番くさい。
かたや、同様に北京で打ち止めなソフトボール。
予選で負けていても勝ち上がれる理不尽にも思える予選から決勝のシステムでも、エースの3連投、をやってしまうあたり”熱い”競技になっている。”プロ野球での生活があるから”のような背景が透けてみえてこない燃焼度の違いが本気度の違いにも受け取れる。
さらに一塁ベースや四球など合理的にできている。

発覚の少なかったドーピング。
ドーピングがフェアでない、という理屈は正しいとしても、強化人間、でもいいし、コーディネイター、でも構わないし、全身義体、でもいいので『ヒトガタ』をしたものの限界性能を見てみたい。
バッタとかとの融合は見た目が変わって何か違うので除外するにしても別枠にすれば。
チーターやマグロ並のスピードで走る人間は無理でも、イルカ並みの速さで走ったり泳いだりできれば別枠誕生は間違いない、と妄想。
マグロ並の速さなら泳がなくても水の上を走れるハズだから新競技「水上100m(助走付き?)」もできるし。

妄想競技はさておき、超人的なヒトの集まりである事は疑いようもなく、やっぱすげー、というのも五輪。
陸上男子100mは最後まで真面目に走ったらどうなっていたかと思うし、勝ってはいないものの女子走り幅跳び3位のジャンプには基本スペックの可能性を感じたり。

超人を集めた競技のなかで、夏季、冬季オリンピックを通じて、絶対にこいつら頭がおかしい(良い?意味で)と思えるのがスキーのジャンプ。
あれだけは異次元の狂気に属している(良い?意味で)と感じる。
ので、数ある競技のなかでもこれだけは”ヒト”にのみ許されている気がする。

ヒトの集うオリンピック、生で見るには面白そうでも2016年東京オリンピックは想像しにくい。

|

« 薄暗い山あいなら一日中 | トップページ | どちらか死ぬまで続くんでしょうな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/42256280

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック:

« 薄暗い山あいなら一日中 | トップページ | どちらか死ぬまで続くんでしょうな »