« 永遠に 000001 ? | トップページ | アゲハの蛹 »

2008年7月 9日 (水)

新幹線 N700系 で無線LAN

この時(5月21日)に有ることだけは知った新幹線車内での無線LAN、車内で100カ所以上のアクセスポイントが見えるってどんな密度で運用しているんだ、とかなり不思議だった。
せっかく見つかったのに利用方法が分からんもんかね、と、どこかに情報が有りはしまいかと携帯で探しても空振りしたのは無理からぬ話だったと言うことがやっと分かった。無線LANサービスは来年の2009年春から開始だそうで。車内でチマチマと携帯で検索を繰り返して調べた時間を返せ、くそぅ。
この情報、一つ疑問なのは「東海道区間を走行する新幹線を対象に」と書かれている。
山陽新幹線区間は?

移動中のPC利用の話。

移動中無線LANが使えるのは悪くは無い話.
それ以前の話として無線LANを抜きにしても飛行機でPCを使うのと、新幹線でPCを使うのとでは大きな違いがある。
新幹線の方が”一般的なレベルの”席は広い、テーブルも広い、揺れるけれど操作に支障が出ると言うほどではない点で良好。
まあ、テーブルは位置が合わないので結局は 膝の上 ないしは 膝の上+バック に落ち着くけれど。
個人的に、相当疲れると感じるのが車内の明るさが頻繁に変わるということ。

飛行機であれば雲の上に出てしまえば、明るさは変わるといってもそんなに頻繁に変わるものではないし、雲の下の高度ではそもそもPCが使えない。
新幹線では、かなりめまぐるしく車内の明るさが変化する、特に大阪以西の山陽新幹線。
トンネルの出入りが頻繁な区間ではかなりしんどい。
トンネルが少ない東京-大阪間では明るさが変わらないかといえばそんなこともなく、夕方だけでなく昼間も考えていた以上に変化した。
ACアダプタを持っていて、バッテリ残量を気にせずバックライト最大輝度を維持できれば軽減はできるとは思う。

夜になれば車内の明るさが落ち着いて問題がないけれど、日の出ている時間帯、特に夕方は結構辛い事もあるという話。
あ、朝もか。

|

« 永遠に 000001 ? | トップページ | アゲハの蛹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/41788717

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線 N700系 で無線LAN:

« 永遠に 000001 ? | トップページ | アゲハの蛹 »