« Vista エピソード その1 | トップページ | Ievan Polkka なようでも、そうは聞こえない »

2007年11月20日 (火)

Vista エピソード その2

マイドキュメントを余裕のある Dドライブに移すべく

  1. ドキュメントのプロパティを開く
  2. 「場所」を選択
  3. XP の時のマイドキュメントとしていた d:\mydoc を指定
  4. 何となく標準の場所に戻してみようと思う
  5. ドキュメントのプロパティを開く
  6. 「場所」を選択
  7. 移動する云々を問われたので、「何GBあると思ってるんだアホ」と思いつつキャンセル
  8. 結果「 d:\mydoc 」がHDD上から消えて無くなる....

ふざけんな Vista と思って冷静になってよく見ると
d:\ドキュメント
などと、自分では絶対に作らない、ドライブ直下の2バイト文字ディレクトリ。
中をのぞくと紛れもなく「 d:\mydoc 」。
中に生成されていた desktop.ini を削除して普通の見え方に戻ったことを確認。

焦って損した。。。。

ついでに「 d:\mydoc 」確認、場所を食っていた最大のファイルは VirtualPC のファイル群であることを知った。
しかも、遠い昔に期限切れになってる Vista RC版 のファイル、ゴミなので速攻で削除。

もう少し見てみると、マイドキュメント内の「ビデオ」「ミュージック」「ダウンロード」等も個別に場所指定が簡単に可能。なのでこれは XP に比べて良くなっている点。
逆に言えば「ドキュメント」だけを移動しても、他は元の場所になることに気がついておらず迷っただけ。。。

|

« Vista エピソード その1 | トップページ | Ievan Polkka なようでも、そうは聞こえない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Vista エピソード その2:

« Vista エピソード その1 | トップページ | Ievan Polkka なようでも、そうは聞こえない »