« ようやくVista | トップページ | Vista エピソード その2 »

2007年11月18日 (日)

Vista エピソード その1

Vista でバッチファイルを右クリック「管理者として実行」した時にどうにも不便だった事が解決。

WindowsAIK のプロンプトのバッチファイルを何気なくみると


%~dp0

そうかコレを使えばバッチファイルを右クリック「管理者として実行」した時に UAC に c:\Windows\system32 へ飛ばされなくてもすむ。
次のようにオマジナイを添えれば良いという事か。


ググれば絶対に出て来るハズと思いつつ目からウロコだったのでここに記す。

【参考】

>help for

|

« ようやくVista | トップページ | Vista エピソード その2 »

コメント

ライブって、出てきました。ありがとうございます。
%dp0 でもいけますが、XP でエラーになりました。
%~dp0 だと、XP でも Vista でも通りました。

投稿: Jitta | 2008年11月18日 (火) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/17217359

この記事へのトラックバック一覧です: Vista エピソード その1:

» バッチファイルTips " [Kerosoft : Modus Operandi]
Windowsには、ちょっとした処理をやらせるのに便利なバッチファイルというのがあるが、VistaからのUAC(ユーザーアカウント制御)で困っていた点があった。というのが、VistaでUACがONの場合にシステムフォルダのような昇格が必要なフォルダへの書き...... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 13時23分

« ようやくVista | トップページ | Vista エピソード その2 »