« 「書く」からこそ解答 | トップページ | NIS2007 と PPTP »

2007年2月24日 (土)

続くダイレクトメール

某日、よくあるダイレクトメールの一つ。

件名:
  【本日大安!】2億円が当たるグリ

ぐらいまで一目で確認。
何のスパムだよとタイトルを最後まで確認。

【本日大安!】2億円が当たるグリーンジャンボ宝くじお申込受付中!

タイトル全てが読めていれば『ああ、みずほ銀行』と思い当たったはずのタイトル。
もっとも、内容を読んだところで実質ただのスパムと大差ないのが『みずほ銀行』のこのメール。
資源の無駄。

このメールの40分ほど前のタイプスタンプを持つのが次のメール。

件名:
  Test 同報テストメールです。

本文:
  テストメールです。
  削除してください。

差出人詐称か?
メールヘッダを確認、それっぽい矛盾無さそうな内容、やらかしたくさい雰囲気。

翌日「メール誤配信のお詫び」が届く。
程度に応じた誤配信時のテンプレートなんかがあったりするんだろうか、お詫びメールの綺麗に右揃えされているフッタを見て、とふと考えた。

|

« 「書く」からこそ解答 | トップページ | NIS2007 と PPTP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/14030850

この記事へのトラックバック一覧です: 続くダイレクトメール:

» 顛末書やお詫び状の書き方のポイントは? [顛末書とお詫び状の書き方]
顛末書、始末書などお詫び状の書き方のポイントをまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 01時15分

« 「書く」からこそ解答 | トップページ | NIS2007 と PPTP »