« 先週の予測と食い違い | トップページ | 線路をはさんで »

2006年5月 7日 (日)

更新&換装

なにやらボチボチ更新がいくつか。
自宅のサーバーは一人で使っているだけだから、適当な更新をしても何があっても困らない、気楽。

  • Apache 2.0.58
    何かの弾み(?)で SSLのMSIインストーラー版がでていたのを速やかにゲットしておいたのは何時だ?
    案の定、消えて無くなっていた。SSL化するには手軽で良かったけれどイマイチ信用してよいのか? 単純に輸出規制のからみで引っ込めただけと信じたい、確かめるのも面倒なのでそのまま使う。更新後、携帯でアクセスしてSSLできていることを確認。
    問題はオレオレ証明書でとりあえず使えるようにしたSSLインストーラー版をやめて 他の絡みを無視して Apache2.2.2 を使ってみるかという事。

  • PHP 5.1.4
    時々思い出したように触って見るだけ、使っているとも言い難く単に入れているだけ、けれどインストールで”とりあえず”動いているようにするだけなら大した手間でも無いのでいつものように更新 PHP 5.1.3。
    iniファイルをマージしながら、変更して遊んでいたmbstringsの設定で、ハマッたのはつい先日だった事を思い出す。
    極力デフォルト状態を維持しつつ更新。翌日 PHP 5.1.4 リリース、で再び更新。

  • Trac 0.9.5 ja
    UTF-8 パッチの適用。前に書いた記事の ViewVCのUTF-8パッチ作者様のサイトで公開されていたので適用。お世話になりっぱなしです。

  • ViewVC trunk から適当に更新
    ViewVC用のUTF-8パッチも更新されていたので更新してみた、が、やっぱり、viewの途中で唐突に文字化けするのであえなくパッチの無い状態に戻す。普通の文字列にしか思えないところで文字化けが始まっていて相変わらず謎なHTML(ShiftJIS)ファイル。

トラブルが起きようの無い更新は以上。

ノートPC、書くときにはこっちがメイン、デスクトップPCは読む事はあっても書くことが殆ど無い事を再認識。

  • HDD交換
    微妙に冷えてくれると嬉しい、というそれだけの理由で FUJITSU MHV2120AH に交換。
    HTS548080M9AT00 (5K100) からの換装で標準で付いてきたHDD以外では初の 非IBM HDD となる個人的には結構画期的な出来事。IBM の Feature Tool が部分的に使えて AAM(Automatic Acoustic Management)設定を変更できたのは意外な結果。知らなかっただけで標準規格だったということ?

  • HDD換装したのでOSからクリーンで
    コピーしても良かったけれどそれはそれ、やっぱりクリーンでインストール。
    前、 OfficeXP のアクティベーションで電話する必要があったのに、今回は何も問題なく完了、同じPCなのになぜ?

  • 期限の切れた NIS(NortonInternetSecurity)2004 から NIS2006 に更新
    ネットワーク越しのCD-ROMドライブの調子が悪くて大いにハマる。イベントログに「インストールが正常に完了しました」とか嘘出してくれるし>NIS2006。換装前のHDDを入れていた 2nd HDD 外して、一時的にDVDドライブに変えてインストールやり直し、正常なインストール完了。NIS2004に比べて軽くなったような気がする、使い込んでいないから?

    トラブルは起こるべくして起こったので問題無いとしても、無駄に大きな箱やめてくれ シマンテック。
    もしくは、ヨドバシ店頭よりWebダウンロード販売安くしてくれ。

CPU速度1.8GHz固定して、NIS2006の完全スキャンかけて CPUは瞬間63℃上限で60℃あたり、HDD 新規HDDの FUJITSU MHV2120AH は 42℃ どまりなので、まずまず期待通り。
と思ったら 2nd HDD の 5K100 も 43℃ どまり、差が無い……、2nd HDD の方が熱が逃げやすくなった、という事にしよう……。
無駄金使ったっぽい。

|

« 先週の予測と食い違い | トップページ | 線路をはさんで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新&換装:

« 先週の予測と食い違い | トップページ | 線路をはさんで »