« 2月9日の夕刊の続き?を読んでみた | トップページ | はじめてダーツ »

2006年2月15日 (水)

失せ物は未探索領域にあるという原則

自戒の記録というより、アホの記録。

引き出しの中に20GBのHDD1個、本棚に120GBのHDD1個、電源を入れていない普段使わないPCの中に20GBのHDDが1個、常時動いているPCの中に20GBのHDD1個。120GBのHDDへのリプレースを兼ねてソフトウェアRAID5 を試してみよう、と唐突に思いつく。ミラーとストライプは試してやったことはあるけれど RAID5 は未体験。
ブートドライブはASRで、データドライブは単純コピーで、20GB⇒40GB 、40GB⇒120GBのトコロテン方式にHDDの入れ替え計画発動。
バックアップが完了、HDDを継ぎ足すべくPCの電源を落とす、ネジを外してサイドパネルを外す。

本来そこにあるべきでない銀色の物体を視界に捕らえる。

あった、
こんな所にあったよ、
携帯が。
何処を探しても見つからなかった筈だよ……。
見つかって安心したとかほっとしたとかでなく、一気に血の気が引く。

記憶というか、状況がよみがえる(一部推測あり)

  1. 夏の暑い盛り(8月)PC筐体温度が気になる、特に HDD の温度が気になる 
  2. 携帯の定位置はPCの上なのできっとその時もそこに(推測) 
  3. サイドパネルをあけてFANに流れこむ風の流れを調整 
  4. なんやかんやの作業で携帯がジャマになる(推測) 
  5. なぜかPCの筐体の中に携帯をちょこっと置いとく(推測) 
  6. らちがあかないので結局前面のベイの蓋を1枚取って熱が篭らないように
  7. 前面に開放部が出来るので五月蝿いので最終手段 
  8. HDDの温度が5度下がったので五月蝿いのは諦めて満足したこととする 
  9. 涼しくなって来た頃(9月終わり)に少しでも静かにするためにベイの蓋をはめる 
  10. この時はサイドパネルをあける必要なしの作業 
  11. 今、に至る

立ち返り、確認、生きているのかこの携帯? メモリは生き残ってんのかね? 

  1. ムリと分かっていつつ、まずON
       -> 変化なし
  2. ACというかUSB充電ケーブルを繋いでON
       -> 一瞬LCDにうっすらと変化が出たものの沈黙
  3. というかそもそもランプが充電状態を示していない 
  4. 仕方ないので一旦抜いて少し放置 
  5. もう一度充電ケーブルを繋ぐ
       -> 充電状態、、、になったと思ったら消えた
       -> あれですか、完全放電した Li-ion バッテリって事ですか(涙)
  6. 悔しいのでもう一度ON
       -> 一瞬LCDにうっすらと変化が出たものの沈黙
  7. バッテリの抜き差しなどしてから試す
       -> 一瞬LCDにうっすらと変化が出たものの沈黙
  8. 正規のACアダプタを使う
       -> ムダな足掻き、というか変化すら無くなったような

つ、使えん...終わった。
完全放電でバッテリの息の根を止めて、逝ったって事ですか...。
そうか!?

  1. バッテリを外して電源ON 
  2. 電源入った 
  3. バッテリをつけてみる 
  4. 電源消える、外しても電源入らなくなる 
  5. しばらくACも外して放置 
  6. あらためてON、恐る恐る電話帳を開く
       -> メモリ消えてない
  7. AC引っこ抜いてアンテナの立たない場所から電波の届く場所に移動 
  8. 確認 
  9. なんというか、申し訳なさで一杯…… 
  10. 凹む

少し気を取り直し、メモリ残ってた、ラッキー、と思いなおしてみたものの携帯の Li-ion バッテリって幾らするものだろう。バッテリを確保するまでは使えない事に変わらず。

無ければ困る事、迷惑をかける事が分かっていても根本的に電話が嫌いになってしまっている事も改めて自覚、ま、反動だわな……。

|

« 2月9日の夕刊の続き?を読んでみた | トップページ | はじめてダーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60348/8664786

この記事へのトラックバック一覧です: 失せ物は未探索領域にあるという原則:

« 2月9日の夕刊の続き?を読んでみた | トップページ | はじめてダーツ »